FC2ブログ

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Well well... now listen

new look1new look2
new look3new look4


MICHICOさんヲタとしてはかなりウハウハな安室ちゃんの3曲A面シングル。ヴィダルサスーンのタイアップ企画として“リメイク”をテーマに60年代、70年代、80年代のそれぞれのファッション、音楽、ヘアスタイルを現在の感覚で新たに再現したとかなんとかで、タイトルはそのまま『60s70s80s』。

まずはずせないのがT.Kura&MICHICO夫妻プロデュース、60年代の"NEW LOOK"ですよー。The Supremesの"Baby Love"のサビ部分をサンプリング、T.Kuraさんの懐かしさがありつつも洗練されたポップで可愛らしいサウンドに、MICHICOさんのモータウンを意識したキャッチーなメロディ展開と ファッションをテーマにした歌詞が、もうさすがというか、安定した仕事っぷりですわー。
なんかサンプリングのネタ候補に、ビートルズやDeep Purpleなんかもあがったらしいけど、そういえば最近T.KuraさんはDeep Purpleの"Hush"をサンプリングした楽曲"Don't Stop"(これも激しくオススメ)をAIに提供してましたよね。今回の安室ちゃんのタイアップ企画は1年前から進行していたみたいだし、もしかしてもしかすると60年代楽曲の選考から漏れたのが"Don't Stop"だったりするんでしょうか…?("Hush"も60年代のもの) するってーとビートルズをサンプリングした楽曲ももしかしたら眠っているのかもしれないけど、ビートルズの版権はかの御大マイケル・ジャクソンが持ってるし(今も?)なんかサンプリング料でめちゃくちゃ金ぼられそうだしむしろ許可下りなさそうだしもしあったとしても日の目を見ることはもうないかもしれないなと、以下延々と妄想。


rock steady

さて、70年代の"ROCK STEADY"はJapaneseHipHop界の重鎮MUROがトラックを担当、ソングライトはMICHICOさん。70年代のファンクものはMUROの十八番、的確な人選といったところでしょうか。Aretha Franklinの"Rock Steady"をサンプリング、間奏部分のArethaの歌声とBlige部分のトラックを引用していて、ダンスホールっぽいリズムと、女性が男性をひっぱっていく“駆け落ち”をテーマにした歌詞が面白いです。
これ、インスト聴くとよく分かるんだけど、HipHop畑の人らしく割とトラックをシンプルにループさせてますが、MICHICOさんの手がけたメロディとコーラスアレンジで曲に緩急がついていて彼女のソングライトの巧さが一際光っています。


what a feeling

そしてそして何気に楽しみだったのが80年代の"WHAT A FEELING"。大沢伸一とMICHICOさんの初共演(!)。Irene Caraの"What a feeling"のキャッチーなサビ部分をそのままサビに引用(本人の声も入ってるかな?)、ちょいダサを通りこしてなんだかやけにアドレナリンを放出させるシンセサウンドがはまるハウスチューン。R&Bっぽい要素があったり、米兵のランニングトレーニングの掛け声を引用したりと遊び心も満載。いやー、3曲どれもいい曲ですけど、この曲やばいですねー。

つかサンプリング大物すぎる。MVもかなり金かかってるらしいけど、1曲いくらかかるんだろ…。とまあお値段が気になってしまうほど音、映像ともに豪華な内容。メジャーで活躍しているアーティストならではのエンターテイメント性溢れる作品で、爽快痛快。MICHICOさんを中心に色んな人とコラボしたら面白いんじゃないか、というのが楽曲制作のスタートだったらしいのですが、これからも是非とも続けていただきたいですハイ。
スポンサーサイト

| review | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。