FC2ブログ

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BOOK OFF

20枚近く売ってきたんですが、全部で6000円くらいでした。
Rihannaの+EDITIONが100円とかwwもっと高く引き取れやwww
一番高かったのはDOUBLEのLIVE DVDで1600円。
オークションにだしたほうがよかったかなー。でも梱包とかめんどくさいんですよね……。
スポンサーサイト

| diary | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I did it for love

boa.jpg

BoA『BoA』★★★☆

韓国の大衆音楽は日本のそれよりもよりUSのR&B、HipHopを意識したものが多く、それだけにUSでの興行的な成功にも意欲的で、これまでも他のアーティストらが果敢に(無謀に?)US市場へ挑戦してきました。しかしその実体はただ単に話題作りとしての全米デビューであったり、興行見込みのないライブツアーの敢行であったりと粗末なものが多かったのも事実です。BoAにしてもUtadaのように大手レーベルと契約してからのリリースではなく、単に韓国の事務所が自主レーベルを制作してのCDリリースと、不安を抱かずにはいられないデビューとなったわけですが、果たしてその出来はいかに。

先行シングル“I Did It For Love”はスリリングでなかなか中毒性の高い1曲です。客演としても参加のSean Garretがプロデュース。
Bloodshy&Avantがプロデュースした“Did Ya”はアルバムの中でも一際Britney色の強いアコギがティーン受けのよさそうなナンバー。“Touched”も彼らの作ですが、日本でのBoAの幼いイメージとは一転して非常にセクシーで、個人的に気に入っています。
“Look Who's Talking”はBritney『Circus』に参加していたHenrik Jonbackのもの。VERBALとCrystal Kayとのコラボ“UNIVERSE”にも参加してましたね。MVが先行公開されて話題となったエッジの効いた“Eat You Up”も彼が手がけてます。
Ciara、Rihannaでお馴染みBrian Kennedyの“Obesessed”はどこかで聴いたことあるような懐かしいメロディが癖になります。

“Girls On Top”は韓国でリリースしたものを英語詞に焼き直ししたものですが、なにぶんこれは当時Usherの“Yeah!”のヒットの流れで制作されたものなので、若干サウンドが古臭いですね。K-POPも本場に負けていないという意思表示なのでしょうか。だとしたら蛇足でしょう。はっきり言って浮いています。

前半の流れはなかなか目を見張るものがあるんじゃないでしょうか。めっちゃ力入ってんなーって感じでw やはり韓国のBritney Spearsと言われるだけあってBloodsy&Avant、Henrik Jonbackとの相性は抜群ですね。予想以上に出来はいいです、ハイ。ヒットするかと言われると、なんとも言えないんですがね……。
とUSでの成り行きも気になるところなんですが、日本での活動はベストという区切りをつけ、どう展開していくんでしょうか。USデビューをきっかけに日本での音楽性ももう少し純度の高いR&B楽曲をリリースしてくれるとありがたいですね。それも“LOSE YOUR MIND”のように単発企画としてではなく継続的だと嬉しいです。R&B風J-POP路線が頭打ちになっているんですから、いいきっかけだと思うんですけどねえ。avexさん、だめでしょうか?

BoA(輸入盤)

| review | 04:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。